てんと虫真中の星を割りて翔つ

自分では似せているつもりは無いだろうから責任はないのだが、テントウムシに大きさも形も似たテントウムシダマシという虫がいる。テントウムシはアブラムシを食べる益虫だが、こちらは葉っぱを食べる害虫らしい。違っているのは背中の模様で、ダマシのほうは大きく広がったシミのような模様がついている。テントウムシは小さな粒の揃った七つの星が左右対称に配置されている。即ち一つは中央の羽の合わさる場所についており、観察しようとしたら見事に割れて飛んでった、というだけのことですが、いらないことを長々と書いてしまいました、、、。(2000年夏詠)

「てんと虫真中の星を割りて翔つ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です