川底に光る魚影や原爆忌

今年も原爆忌がやって来ました。記事は前倒しで書いていますので、実際のところの当日の天候はわかりませんが、私が八月六日を意識するようになってからというもの、なぜか晴天の日が多いのです。いつ意識するようになったかと言うと、恥ずかしい話ですが、俳句を始めて歳時記に「原爆忌」を見つけてからです、、、。生まれ育ったのはまだ実生活の中に戦後があった頃です。もちろん原爆の恐ろしさもくり返し聞かされた筈なのですが、記憶の中にはなぜか、ほとんど残っていないのです、、、。(2002年夏詠)

「川底に光る魚影や原爆忌」への2件のフィードバック

  1. 我が家では昔からTVに合わせて黙祷していました。
    広島に住んでからは50回の時とその後2回だったか?参列しました。
    8月6日はいつも暑い日ですが、原爆の灼熱はその比ではなかったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です