音たてて鯉が草食む秋の朝

何のこっちゃ、と言った句ですみません、、、。たまたま朝早く衆楽園に行く機会がありました。何年か前に池に鯉ヘルペスが発生して、今ではほとんど鯉の姿がありませんが、まだ大きな鯉がたくさん寄ってきていた頃です。池の周囲を巡っていると、岸辺でなにやら音がします。何だろうと覗いてみると、大きな鯉が何匹も岸辺に頭を出して、水際の草を食べているのです。池の周囲に何ヶ所かそういう光景が見られました。「へえ~、鯉も草を食べるんだ」と不思議な気がしましたが、これって、犬や猫が草を食べるのと同じような理由なのでしょうか、、、?(2002年秋詠)

「音たてて鯉が草食む秋の朝」への2件のフィードバック

  1. 鯉が草を食べるなんて知りませんでした。
    珍しいシーンに出会えて、それを句に出来て良かったですね。
    何気なく散歩しているだけではキャッチ出来ない情報をしっかり掴んで作品にする態度が立派です。
    引き続きいろいろな物・事を見つけていい句を作って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です