プレハブの組合事務所ちちろ鳴く

社歴からも建てたときから中古だったのだろうと思われるプレハブの組合事務所。夏は暑く冬は寒い。入口の引戸からしてまともには開かない。閉めれば斜めに閉まって隙間が開く。入れば今にも抜けそうに軋む床。背もたれの破れた壊れかけのパイプ椅子。インクの匂う輪転機と山積みされたビラ。紫煙の渦、、、。入社したのはまだ組合活動華やかなりし頃だった、、、。(2002年秋詠)

「プレハブの組合事務所ちちろ鳴く」への2件のフィードバック

  1. 組合事務所の内情をご存知とは組合の中心で活躍したのですか?
    自分が勤めた会社はいわゆる御用組合、退職の頃はボーナスも低額となり痛い目に合いました。
    アベノミクスで少しは給料が上がる様になるのでしょうか?

    1. いいえ、順番で仕方なく役員に、、、。
      見かけ上は上がるでしょうが、基本給ベースではどうでしょう?
      後々響いてくるのがここなんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です