冬の子の真一文字に口紅し

句稿に残っていた句だが、さてどういうシチュエーションで詠んだ句だったろうか?今から十一年前だから、うちの子では無さそう、、、。(2002年冬詠)

「冬の子の真一文字に口紅し」への2件のフィードバック

  1. 田舎の御祭りでは子供達は普段着で参加する程度だったけれど、江戸の人達は形式を重んじるのか法被や鉢巻で参加している姿を見かけます。
    女の子も薄く化粧をして唇に紅を入れている姿を見る事が有りますが、可愛いものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です