冬木立賢治自筆の農日誌

宮沢賢治の詩「永訣の朝」にある(あめゆじゅとてちてけんじゃ)がなぜか好きで、この一節だけを覚えています。死に瀕した妹とし子が賢治に「雨雪をとってきて」と頼む岩手地方の方言のようです。実際にはどのように発音するのかわかりませんが、何となく兄と妹の心のつながりが感じられる一節で好きです、、、。(2002年冬詠)

「冬木立賢治自筆の農日誌」への2件のフィードバック

  1. あめゆじゅとてちてけんじゃ  覚えています。
    詩の題名等は忘れていましたが あめゆじゅとてちてけんじゃ の部分は何故かはっきり覚えています。
    雪で思い出すのは他にも

    太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

    次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

    が有ります。
    それぞれ、いつ頃覚えたのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です