仕残して定年退職花菜風

河原から菜の花の種を採ってきて、自宅裏の土手に蒔いておいたら、数年で土手一面を覆うようになってしまった。まさに一面の菜の花で、しばらくは鮮やかな黄色とむせるような香りにつつまれた日々となる。その後はどうなるか、と言うと菜の花は咲きながら成長し、種が熟れる頃には持て余す大きさになってしまう。強い、、、。(2012年春詠)

「仕残して定年退職花菜風」への2件のフィードバック

  1. 土手一面を菜の花で埋め尽くすとは面白い事をしましたね。
    どこの人だったか、確かバスの運転手さんだったと思うけれど太平洋から日本海までの道に桜を植え続けた人の話しを聞いた事が有る。
    情熱の継続と資力の継続と労働力の継続有っての事だと思う。
    さてどこだったか?

    1. 昨日は吉備路を歩きました。
      菜の花は少なく感じましたが、桜はぼちぼち咲き始めていましたよ。
      一番きれいだったのは八重の紅梅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です