声がして鳰の浮巣はあの辺り

吉井川の私が散歩する側は広い河川敷があり公園になっている。川を挟んだ向こう側は岸辺に山が迫っており、ほどよく緑が茂っている。笑い声のような鳰の声が時々聞こえてくる。声はすれども姿はない。浮巣もまだ見たことがないが、きっとあの辺りなんだろうと想像している。もう少しすれば浮いたり沈んだり、小さな姿が見えるようになる、、、。(2009年夏詠)

「声がして鳰の浮巣はあの辺り」への2件のフィードバック

  1. またまた知らない漢字です。
    カイツブリですか、見た事が有るのか無いのかも分かりません。
    俳句をやっているといろいろな言葉を知る機会が多い様でいい事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です