冬麗やトラックに待つ引越し荷

岡山の喫茶店での句会へアーケード街を歩いていた途中、ふと見た路地に引越らしい荷物を満載したトラックが、冬の日差を浴びながら止まっていた。これから出発するトラックか到着したトラックかわからないが、日差の溢れる路地もトラックも、閉まった店の多いアーケード街の暗さとは対照的だった、、、。(2013年冬詠)

「冬麗やトラックに待つ引越し荷」への2件のフィードバック

  1. 冬麗、新語です。
    や を抜いてふゆうららとしたらどうなりますか?
    や の持つ意味はどんな由縁なのですか?

    1. 「や」は強い切字で、ここで句が切れ「冬麗」が強調されます。
      「ふゆうらら」でも切れますが「や」で切るより弱くなります。
      「とうれいの」とすればもっと弱くなり完全に「引越し荷」に比重が移ります。
      麗かな日差を強調するほうが句に広がりが出ますので「や」にしています。
      (と言うのが作者の言い分ですが、読まれた方の評価はわかりません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です