万愚節三鬼の生家素通りに

四月一日はエイプリルフールでもありますが、西東三鬼の忌日でもあります。三鬼の生家は一方通行の裏通りから二三歩上がったような位置にある小さなお家です。道路沿いに立派な句碑がありますのですぐわかります。今は一般の方の住居ということで拝見は出来ないので、いつも素通りです。三鬼の墓はそこから少し歩いた成道寺というお寺にあります。以前一度お参りしましたが、思いのほか小さなお墓でした。墓地が広かったので、次に来るときのために墓地のこの辺りと記憶して帰りました。ところが昨年行くと、あの広かった墓地がほとんど埋まり、とうとう三鬼のお墓を見つけられなかった、と言う、ホントに四月馬鹿な日のお話です、、、。(2014年春詠)

「万愚節三鬼の生家素通りに」への2件のフィードバック

  1. 万愚節、またまた初めて出会った言葉です。
    『雪が降っている!!』と言って眠っている子供を起こしたり、松山で一人暮らしをしていた娘に出張で松山へ来ていると言ってみたり、いろいろ万愚節を楽しんで来ましたがもうネタが尽きました。
    今年はおとなしく過ごします。
    ってこれも万愚節のネタだったりして・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です