木天蓼の花や豊かに濁川

山道を走っていると梅雨時になると葉っぱが白くなった木を見かけて気になっていました。それがマタタビの木で在る事を知ったのは最近の事です。走っていると白くなった葉っぱばかりが目についててっきりそれが花かと思っていましたが、止まってみると葉っぱよりも質素な白い花が咲いているのです、、、。(2019年夏詠)

「木天蓼の花や豊かに濁川」への4件のフィードバック

  1. マタタビというと猫が好むと聞きますが、実際に与えた事は有りますか?
    昔、疲れた旅人が食べると元気が出て又旅が出来るようになったからそう呼ばれるとも聞きますが、牛二さんは食べられた事有りますか?

  2.  木天蓼の花の白と濁川の黒、取り合わせの効いた句ですね。静と動でもありますね。情景が見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です