献体へ迎への車梅雨寒し

昨年の句ですが、ずいぶん前に町内の独り暮らしの方が亡くなられた時の事を思い出して句にしたものです。まだ今のようにいろいろな形の葬儀が無かった頃の事です、、、。(2019年夏詠)

「献体へ迎への車梅雨寒し」への2件のフィードバック

  1. 献体か、世の中の役に立つのは分かるけれど、うーん?
    献血は何度もやったけどね。

    1. いろいろ考えられての献体だったのでしょう。
      ただのうるさいお年寄りとしか思っていなかったのですが、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です