かまつかの野に一輪の焔立つ

どこからか種が飛んできたのか、道端の草むらに一本の葉鶏頭。刈られては芽を出したのだろう、背は低いがその燃えるような赤が周囲の緑の中で際立っていた。昨年の句。今年また芽を出して数が増えればと楽しみにしていたが、どうやら一年で絶えたようだ、、、。(2019年秋詠)

「かまつかの野に一輪の焔立つ」への2件のフィードバック

  1. かまつかの野って?どんなところなのでしょう。
    緑と赤から山口百恵さんのプレイバックパート2を連想しました。
    ♪緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ

    1. 「かまつか」(鎌束)は葉鶏頭の古名です。
      野原の緑の中に燃えるような葉鶏頭が一本だけ生えている景です。
      まさしくポルシェの赤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です