花吹雪カメラ出す間のなかりけり

4月19日の日付があるので去年は花が遅かったのだろう。後輩が一緒にと言うので、連れ立って鶴山公園に上がった。よく喋るとは思っていたが本当によく喋る男で、ひっきりなしに話しかけて来る。花には全く興味がないようだった。私は適当に相槌を打ちながら、心は花の方を向いている。とうとう備中櫓のところまで上った時に強い風が吹き、散り残っていた桜が花吹雪となって舞い上がった。あ、あ、あ、と声にならない声を上げて、ポケットの携帯に手をやったがすでに遅く、花吹雪は石崖を越えて落ちていった、、、。後輩の目に花吹雪は入らなかったようで、彼はその間もひっきりなしに話し続けていた、、、。(2012年春詠)

「花吹雪カメラ出す間のなかりけり」への2件のフィードバック

  1. 携帯だと写真モードにするにもピントを合わすにも時間がかかってなかなか上手にシャッターチャンスを捕える事は難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です