「贖罪の如く野を行く炎天下」への4件のフィードバック

  1. 会社に入ってそんなに日が立っていない頃だったと思いますが、出張で降り立ったJRの駅から目的の場所まで国道11号線を一人歩いた事を思い出しました。
    左手にアタッシェケース、右手に背広、何分歩いたのでしょう?
    思ったより遠かった記憶が有ります。
    国道沿いで太陽を遮るものが何も無かった。
    牛二さんはどこを歩かれたのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です