銀漢に覆ひ尽くされ峪の村

子供の頃の実家周辺には街灯がなかった。だから家々の灯りが消えると集落は真の闇に包まれる。真上に、Ⅴ字に切り立った山を橋脚のようにして、銀河が横たわる。流星が見える。蚊取線香を点けて縁台に寝転がっていると時を忘れた。飽きることはなかった、、、。(1998年秋詠)

「銀漢に覆ひ尽くされ峪の村」への2件のフィードバック

  1. 銀漢とは天の川なのですね。
    牛二さんの実家辺りよりは明るかったであろう我が家でも子供の頃にはくっきり見えたものです。
    人工衛星が移動するのを肉眼で見た事も有りました。
    最近は廻りが明るすぎて天の川もはっきり見られません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です