ひとところ水脈の輝き鴨の陣

もう五日ぐらいになるだろうか、老釣師が毎日同じ場所に陣取って鯉を狙っている。邪魔にならないように会釈だけで通り過ぎるのだが、数メートル過ぎたところで川を覗くと三尺ぐらいはありそうな大鯉がかすかに尾びれを動かしながら身を潜めている。ひょっとして老釣師が何日も狙っているのはこの大鯉かも知れないと思い、老釣師のほうを見るとじっと糸の先の水面に集中して、こちらも動かない。まるで鯉と老釣師の間に一本の緊張の糸が張られているような気さえした、、、。(2015年冬詠)

「ひとところ水脈の輝き鴨の陣」への2件のフィードバック

  1. 寒い中、じっと釣り糸を垂らして待つ、辛抱強いですね。
    昨朝は走りに行くつもりでしたが寒さにひるんで中止しました。
    老釣り師とは根性が違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です