まつすぐに太平洋より冬の船

2011年の年末、四国で過ごした時の句です。五階ぐらいだったでしょうか、朝早くホテルの部屋のカーテンを開けると、窓の下に入江が広がっていました。その向こうに防波堤、そして太平洋。その太平洋から、明け始めた朝の光の中を一隻の貨物船が近づいて来ます。航跡を残しながらまつすぐに、、、。(2011年冬詠)

「まつすぐに太平洋より冬の船」への2件のフィードバック

  1. 山の中で育った自分が初めて海に接したのは小学5年生の臨海学校でした。
    初めての太平洋はいつだったのでしょう?
    松山に住みだした大学生時代かな?
    広く大きい太平洋の水平線を見て何を感じたのかさへ覚えていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です