冬の虹見とれて雨に降られけり

冬に虹を見ることが多いのは、雨が多いという事なのでしょう。それも時雨、パラパラと来てすぐに止んで行く。遠くの空を見ると薄く虹が出ています。きれいだなあと見とれているうちに次のパラパラ、なら良いけれど、これが今度はちょっと多かったりするのですよ、、、。(2015年冬詠)

「冬の虹見とれて雨に降られけり」への4件のフィードバック

  1. 虹はいいですね。
    見かけると何とも言えないうれしい気持ちになります。
    HawaiiではNo Rain No Rainbowといいますが、雨無くして虹は見られないので雨もまた良しですね。

  2. こちら南部は、虹なんて数年に一度しか見ませんから、うらやましい。
    だいたい、「まあ、めずらしい♪」と、雪に喜ぶまえに時雨に喜んでいますから。
    時雨って、山国の季語だったんですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。