堰越ゆる春水白き壁となり

近くにある堰です。吉井川の向こう岸まである大きな堰です。水量の多い時は水音がごうごうと遠くまで聞こえてきます。特に春先、雪解けの頃の堰は見ごたえがあります。見ていると引き込まれそうになります、、、。(2016年春詠)

「堰越ゆる春水白き壁となり」への2件のフィードバック

  1. 自宅から少し下流に在る太田川の水門でも音を立てて流れる様子が見られます。
    雪解け水で水量が増える事は無いですが、大雨の後は凄い量の濁った水が大きな音で流れて行きます。
    あの中に落ちたら、ひとたまりも無いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です