ぼうとして立つ川端や柳の芽

遠くから見ると冬の間は枯色だった木がなんだか緑色がかって見える。それもはっきりした緑ではなく、ぼんやりと緑色に。視力の衰えかと何度か瞬いてみるが、いっこうにはっきりとはして来ない。まるで自分の頭の中のようだと、春の日差しの中で思ったときの句、、、。(2016年春詠)

「ぼうとして立つ川端や柳の芽」への2件のフィードバック

  1. 桜の開花宣言も有りましたが木々の芽もそれぞれに春を迎えて元気一杯というところでしょうね。
    松山のお堀端には柳の木が有りました、今頃はきっと緑の芽がぼうとしている事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です