躊躇なく踏んで毛虫の命かな

実害は全く無いのに、条件反射のように、つい踏みつけてしまう毛虫。なぜでしょうね。反省、反省、、、。(2016年夏詠)

「躊躇なく踏んで毛虫の命かな」への4件のフィードバック

  1. 毛虫というと赤塚不二夫さんの漫画に出て来るケムンパスというキャラクターが有りましたね。
    おそまつ君に出て来ていたのでしょうか?
    調べてみたら、もーれつア太郎でした。
    嫌われ者のはずのねずみがキャラクターになって、ランドやらシーやらと大人気なのも考えてみるとおかしな話ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です