8Kの視力の欲しや遠紅葉

細かい所が見えたほうが良い事もあれば悪い事もある。色づいた遠くの山などは細かく見えたほうが良いに決まっている。とは言え視力は衰えるもの、テレビのように4Kへ、8Kへとは行かない。我が家のテレビは目下デジタル止まり。4Kも8Kも量販店に並べられたテレビでしか見たことが無い。もっとも狭い部屋の小さなテレビで、4K、8Kと言ってもなあ、と言う思いも無い事はない。微妙な心境、、、。(2019年秋詠)

「8Kの視力の欲しや遠紅葉」への2件のフィードバック

  1. 結婚した当時のTVはブラウン管によるもの、筐体は大きいけれど実際に映る部分は小さく24インチ位だったかな。
    その後買い替えて30数インチになった時はなんと大きな画面かと思ったけれどそのうち慣れて来た。
    今のプラズマ式も随分大きいと思ったけれど既に10年近く経って新しい4kなりに買い替えてもいいのだけれど、故障もせず映っているからまだしばらくは使う事になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です