向うにも一人時雨を急ぐ足

空を気にしながら出た散歩、案の定パラパラと。ふと見た田圃を隔てた向うの道にも同じような人が、、、。(2019年冬詠)

「向うにも一人時雨を急ぐ足」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です