寒波来る空の半分雲覆ひ

暖冬を期待していましたが三か月予報では平年並み、そろそろ冬用タイヤの準備をと思っています。掲句は昨年、北のほうから真上までせり出した黒い雲とはっきり分かれた南側の青い空、あそこがきっと寒波の先端なんだと、いつもの素人考えで思った時の句、、、。(2019年冬詠)

「寒波来る空の半分雲覆ひ」への2件のフィードバック

  1. 現役時代の冬、昼ごはんを食べに商店街に向かって北上して行くと、はるか先の方の空に黒い雪雲を見たものです。
    そんな光景を思い出しました。
    暖かい冬は洋服関係やスキー場などに悪影響ですが、コロナウィルスの今の状況を考えると、少しでも暖かい冬にと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です