宮の柚子一つ頂き冬至の湯

掲句は昨年、「ご自由に・・・」の札付きの箱の中の一個。今年は準備万端、先日所用で田舎に帰ったついでに実家の柚子を採って来ました。自分で柚子を採るなんて何年ぶりの事でしょう。時々触れる刺の痛さも久しぶりでした、、、。(2019年冬詠)

「宮の柚子一つ頂き冬至の湯」への2件のフィードバック

  1. 実家に柚子の木があるんですね。
    柚子湯にされたのですか?
    沢山絞って、ポン酢を作れば冬場の鍋が美味しくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です