ゆらゆらと日のある空を鳥帰る

古い句を整理していたら出て来た句です。仕事が面白かった頃です。たぶん仕事で疲れた眼を癒そうと会社の外に出てコーヒーでも飲んでいたのでしょう。ふと見上げた空に小さくなってゆく鳥の群が、、、。(1999年春詠)

「ゆらゆらと日のある空を鳥帰る」への2件のフィードバック

  1. ゆらゆらは日ですか?鳥ですか?
    一昨日辺りから昼間の時間が夜間のそれより長くなったそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です