てんとむし真中の星を割りて翔つ

七星天道虫の一番前の星はちょうど真ん中にありますね。小さくて、可愛くて、悪いこともしないので好きな虫ですが、手にとまらせるとすぐに飛立ってしまいます。真ん中の星はきれいに二つに割れます。中に畳まれていた薄い羽がきれいに開くのも面白いですね。(2000年夏詠)

「てんとむし真中の星を割りて翔つ」への1件のフィードバック

  1. 七星てんとう虫は小さくて丸くてかみついたりしないのでつい手に乗せるね。
    指先に行こうとするのを手の向きを変えて反対に行かせたりして遊んでいるとたまにオレンジぽい液をたらされる。
    最後は羽を出して飛んで行く。
    てんとう虫のサンバなんて曲も有ったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です