青柿の音して落つる背戸の闇

青柿の落ちるシーズンです。夜の闇の中で突然音がします。音の後から青柿の落ちた音と気づくまでの僅かの時間ですがビックリします。たくさん生ってたくさん落ちて、程よい数の収穫が出来ればよいのですが、、、。(2020年夏詠)

「青柿の音して落つる背戸の闇」への4件のフィードバック

  1. 柿の落果の時期ですか、実家の柿の木から青い実が落ちているのを見たことはありますが、夜中に音を聞いた事はありません。
    二階で眠っていたから距離も随分ありました。
    落ちた実を見るとなんだかもったいと思ったものです。
    大きく美味しい柿の実が成ると良いですね。

    1. はい、少しで良いから大きくなって欲しいのですが、木が古くなってだんだん小ぶりになってきました。

  2. 「背戸の闇」がいいですね。音がするということはそこそこ大きくなっているということ。不気味さもあります。
     ところで、柿はたくさんの花を落し、また青柿を落とす。なぜ、こんな無駄なことをするのでしょうね。自ら優秀なものを選別しているのでしょうか?

    1. ありがとうございます。
      最終的にはつじつまが合う数になりますが、自然のすることはなかなか分かりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です