蝮の子憐れ死しても覗かるる

蝮がいる所に住んで、蛇を見るとつい蝮かどうかを確かめる癖がついています。たとえそれが死んだ蛇であろうと、大小にかかわらず、その模様を確かめます。蝮でなければ安心するだけですが、蝮の場合は情報を共有します。その為にも恐る恐る覗き込みます。一匹いれば必ず周囲に何匹かいると言われているからです。今年もすでに数匹、、、。(2020年夏詠)

「蝮の子憐れ死しても覗かるる」への2件のフィードバック

  1. 死んだ蝮、それは車にでも轢かれるのですか?
    既に何匹か見かけたとの事、ならばまだまだ沢山居るのでしょうね。

  2. 一番多いのは轢死ですが、時々いまだに理由が分からないものがあります。
    生きている形のままで、実は死んでいる。
    鳥に急所を一突きされたのか、一見どこにも傷は見当たらない。
    という不思議な死体が時々あります。
    他の蛇には無く、蝮だけの現象です。
    自然は奥が深い、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です