木の葉時雨きらきら日差返しつつ

窓から見えるのは山ばかり。色づいた雑木たちが落葉の季節を迎えている。その雑木たちを縫うようにして降り注ぐ日差の中を、落葉が切れ目なくきらめきながら降ってくる、、、。(2020年冬詠)

「木の葉時雨きらきら日差返しつつ」への2件のフィードバック

  1. 木の葉、時雨
    じゃなく
    木の葉時雨なんだね。
    六文字の季語は珍しいのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です