開け放ち赤子泣かせる夏座敷

道路から数枚の田圃を挟んで家並があります。赤ん坊の泣き声がします。戸を開けた広い座敷の見える古い造りの農家、たぶんこの家です、、、。(2021年夏詠)

「開け放ち赤子泣かせる夏座敷」への2件のフィードバック

  1. 兼業農家だった実家、父は仕事に出かける前に田や畑で一仕事して、泥と汗で帰って来たものです。
    農家のどこもがそうなのかは分かりませんが、風呂場へ汚れたまま入れる様になっていて、先ずは風呂場で汚れを落として着替えていました。
    挙句の古い農家もそうなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。