谷川を挟み花合歓枝たわわ

谷川沿いの山道を走っていて気付いた川向うの合歓の花。この谷川沿いの道、春には桜、梅雨時には白化した木天蓼、それから合歓の花と次々に目を楽しませてくれる。脇見運転要注意の道、、、。(2021年夏詠)

「谷川を挟み花合歓枝たわわ」への2件のフィードバック

  1. 脇見運転要注意。
    きれいな景色に見とれて事故をしてはいけないから、車を停めてゆっくり見ようと思って進んで行くとなかなか良い場所が無く、結局見過ごしたなんて事も有りますね。
    海辺の景色を見ようとして、そんな経験をしたのはあれは何処だったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。