時々は風に負けたる蜻蛉かな

昨日のような台風の日にはさすがに蜻蛉もじっと身を潜めているのだろう、目にすることはないが、少しぐらいの風の日なら平気でとびまわっている。それが何かの拍子で突風に吹かれると、あっという間に流されてゆく。抗うように羽を動かすが、明らかに自分の思う方向と違う方向のように見える、、、。(2021年秋詠)

「時々は風に負けたる蜻蛉かな」への2件のフィードバック

  1. 川で水遊びをしていで思わな流れに流された時に元の場所に戻ろうとすると流れに逆らって体力を使いなかなか戻れない、流れるままに下って岸に近づく方がいいとやっていた。
    蜻蛉君も風に流された方が良かったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。