余所者と知れば藪蚊の寄り来る

虫たちも人間を観察している。と、思うのは私だけでしょうか。だから私は藪蚊にしろ、他の虫たちにしろ、負けないように大きな顔で対応してやることにしています。空家になった実家に帰ると、今まで自由に暮らしていた庭の虫たちが、「変なやつが来たぞ!」といっせいに逃げ出すのです。「馬鹿なことを言うんじゃあないよ、お前たちよりよっぽど昔に住んでいたんだから」と言ってやります。(2009年夏詠)

「余所者と知れば藪蚊の寄り来る」への1件のフィードバック

  1. 今朝もキュウリやオクラ等に水やりに行きましたがすぐにやぶ蚊が寄ってきて結局5・6カ所刺されてしまいました。
    最近は慣れて来たので掻くのをじっと我慢です、するとそのうち不思議とかゆみが去って行きます。
    妻の実家も空き家になっていました。帰って見るとねずみが主と成って居た様で食糧を探して破った紙や糞の掃除が一番の仕事でした。
    主が居ないのはさびしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です