故郷に海在らざりし小豆干す

笊に入れた小豆を転がすと海の音がする。小学校の学芸会の演劇で使った効果音はこれだった。昔はラジオや映画での効果音も、笊ではないが似たようなものが使われていたらしい。山の中で育ち、本物の海の音なんて聴いた記憶は無かったから、ラジオや映画であこがれつつ聴いていた海の音は、ほとんどがこれだったのではないだろうかと、今更ながらそう思う。(1999年秋詠)

「故郷に海在らざりし小豆干す」への2件のフィードバック

  1. 始めて海を見たのは小学校5年生の臨海学校、渋川の海でした。
    かなづちの私は海で少し浮いた事がうれしく、家に帰ってから楽しみにして行った川では相変わらずの状態でした。
    悲しい現実を知らされた10歳の夏を思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です