峡の空狭し銀河の近かりし

以前にも書きましたが、私の実家は山と山に挟まれたところにあります。子どもの頃には街灯もなかったので、晴れた空には星が綺麗でした。峡を挟んで山から山へ、落ちて来そうな近さで銀河が流れ、涼み台に寝っころがっていると、いくつもいくつも流星が見えました。(2009年秋詠)

「峡の空狭し銀河の近かりし」への2件のフィードバック

  1. 我が家の方がもう少し空の広さが大きかったと思いますが空がきれいで星が見事な事に変わりは有りません。
    涼み台で近所の人通しが話をしたりスイカを食べたり、クーラーの無かった時代は人情が溢れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です