秋晴や棚田づたひに宅配車

棚田の底の公園から見ると、上部の棚田の縁のようなあたりに民家が点在しています。その家々をつなぐように、道もまた棚田に沿って、上ったり下ったりしているのです。エンジン音に目をやると、そんな棚田沿いの坂道を見慣れた宅配車がゆっくりと上って行くのが見えました。走っているのはその車だけで、ちょうど映画のワンシーンかなにかのように見えました。<その9>(2009年秋詠)

「秋晴や棚田づたひに宅配車」への2件のフィードバック

  1. 棚田と言えば水を張った田もきれいですが、石組もいいですね。
    そんな一句も有りますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です