冬ざれや帽子褪せたる石地蔵

続いて本山寺。昨日の道に入る手前から石段を登ると、比較敵新しい観音像があります。その後に小さな石地蔵が何体かありますが、こちらは表情もはっきりとは見えないような古い石地蔵です。何年ぐらい経つのでしょうか、赤い毛糸の帽子もすでに色褪せて、苔が生えたりしています。(2011年冬詠)

「冬ざれや帽子褪せたる石地蔵」への1件のフィードバック

  1. あれはベルギーだったか?小便小僧は季節毎にいろいろな服を着て立っているそうです。
    お地蔵さんもせめてお正月前に新しい帽子に変えてもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です