鯉はねて後は音なき池の春

池の近くを歩いていると、突然大きな水音がした。驚いて音のした方を振り向くと、跳躍した大きな鯉がちょうど水に沈もうとしているところだった。後には何重にも水輪が広がり、それが収まると何事もなかったように静寂だけが残った。それっきり鯉は跳ねなかった、、、。「古池や蛙飛びこむ水の音」よりも音は大きかったと思う、、、。(2011年春詠)

「鯉はねて後は音なき池の春」への4件のフィードバック

  1. 太田川の堤防を走っていると白い鯉を何匹も見かけます。
    真鯉は保護色になっていて見られないけれど白い鯉はよく分かります。
    人間が見るときれいでいいと思うけれどはたして鯉にとってはいい事なのかどうなのか?
    空を飛ぶ鳥からも丸見えでしょう。

    1. また書くことがあると思いますが、鷲(名前不明)が川にまっ逆様に急降下して、大きな鯉を両方の爪でしっかり掴み、ゆうゆうと飛び去るのを見たことがあります。人間も保護色のほうがいいかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です