五線譜に残るメモ書暮の春

いろんな事をやって、行き着いたところにあったのが俳句だった。ご多分に洩れずギターもやった。始めたのは中学三年生のときで、ギターも三本も持っていたこともある。田舎に帰ればまだ一本は残っていると思うが、手元にはもうない。もう手は動かないが、楽譜は読める、と、お、も、う、、、。(2009年春詠)

「五線譜に残るメモ書暮の春」への2件のフィードバック

  1. 古賀政男さんの教則本を見ながら爪弾いたり、ベンチャーズのまねでテケテケテケをやったり、スリーフィンガーピッキングの練習をしたりしましたが、身に付きませんでした。
    ギター3本とはかなり上達したんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です