白よりも白き峰雲立ちにけり

本当の白さとはどんな色だろうと思うとき、夕日を受けて立ち上がる峰雲の白さが浮かぶ。白い雲の上にさらに白い雲が重なり、究極の白に近づいているように見える。では、雪の白さと比べてどうなんだろう、と考えてみるが、残念ながら峰雲と雪を並べて見た事が無い。雪の残る夏山に登れば見えるだろうか、、、。(2010年夏詠)

「白よりも白き峰雲立ちにけり」への2件のフィードバック

  1. もくもくと立ち上がってきた雲 ほんとに白より白いと思う雲 ありますね。
    思うだけで 句に出来ない辛さ。
    無駄のないまとめ方 流石!です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です