無遠慮な保険外交秋暑し

外交員なのだから図々しく押していかないと契約が取れないのはわかるが、程度が過ぎると話をするのが嫌になってくる。社員食堂の昼食時間には入れ替わり立ち代り保険の外交員が来た。地道に人脈を作り、長年訪れた外交員もあったが、多くはすぐに消えて行った、、、。(2001年秋詠)

「無遠慮な保険外交秋暑し」への2件のフィードバック

  1. 昔の外交員さんは事務所の中まで入って来て勤務中でも商談をしていました。
    中にはお見合いの写真を持ってくるおばちゃんも居ました。
    最近は休憩時間といえども事務所に入る事は出来ないので外で立って資料提供などしています。
    保険外交員さんにとっては厳しい時代ですね。

    1. そうそう、相当に成績優秀な生保の女性外交員と聞きましたが、大阪の本社でいつもお菓子を配っていた女性が津山の事務所に現れてビックリしたことがあります。転勤になった顧客のフォローということで、以後何度か、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です