老犬に田の畦狭し曼珠沙華

老化は足からと散歩に連れ出した老犬、視力は以前から衰えていたが、とうとう狭い畦道で足を踏み外すようになってしまい、もう散歩は無理だなと判断した頃の句です。あれから三年、また夏を越して曼珠沙華の季節を迎えることができました。他の犬たちからも別格と見られているようで、勝手気ままな老後を過ごしています、、、。我家の敬老日風景、、、。(2010年秋詠)

「老犬に田の畦狭し曼珠沙華」への2件のフィードバック

  1. 昨日久し振りに太田川堤防を走りました、所々に曼珠沙華が咲いており、また一年経ったのかと感じました。
    一年、また一年、いつまで見られるのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です