どれもみな笑顔の地蔵曼珠沙華

昨日登場の道の駅近くに円城ふるさと村があり、本宮山円城寺があります。その山門脇のお地蔵様です。道の駅と同じで、平日には人影もなく、ゆっくりと時が流れています、、、。母のところへ呼び出されることが増えていましたが、まだ亡くなるなんて思いもせず、平日なのを良いことに寄道をしては吟行をしていました。あれから二年、早いものです、、、。(2011年秋詠)

「どれもみな笑顔の地蔵曼珠沙華」への2件のフィードバック

  1. 「顔」が重複するので「傾いて」とかもっとよく観察するとさらにいい味出してくれそうな句ですね。

    1. いつもヒントをありがとうございます。
      気をつけているつもりなのですが、ついついおろそかになってしまいます。
      で、早速、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です