朝顔のぽつと開きし空の色

9月11日の句会から-2 句会の日とは言え、欠かせないのが犬の散歩です。途中の土手に、毎年花を開く朝顔があります。もとは捨てられたものでしょう。花の大きさはだんだんと小さくなりましたが、夜明けの空のようなその青色は、むしろ澄んでいくような気がします。その朝顔が小さく咲いているのを見たときの句です。「ぽ」の口の形で、、、。(2013年秋詠)

「朝顔のぽつと開きし空の色」への1件のフィードバック

  1. 自宅マンションの塀沿いに咲いている朝顔はずいぶん前から咲き続けています。
    最近は秋めいて来たせいか、それとも寿命が近づいたせいか花の大きさが小さくなっている様に感じます。色は儚さを感じさせる薄い桃色です。
    空の色と同じ様な青い朝顔はいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です