裏藪の小さき日だまり真弓の実

借家住まいをしていた頃、大家さんのところに行くと「真弓の木を貰って植えたんだけど、何年たっても実がならないの。抜こうと思うんだけど要る?もしかしたらもう少し大きくなれば実がなるかも知れないわよ」「はい」ということで我家に来た真弓は引越してからも持ってきて庭に植えたが、結局何年たってもならなかった、、、。掲句の真弓は、作句の年に裏の土手の竹薮で見つけた自生の真弓、木は小さいけれど、秋の日溜の中で赤い実がきれいだった、、、。(2002年秋詠)

「裏藪の小さき日だまり真弓の実」への1件のフィードバック

  1. 真弓の名前は知っているけれど実物は見当がつきません。
    何年経ってもならなかった  と過去形なのはもう抜いてしまった?
    そういえば阪神の真弓は今はどうしているのでしょう?
    星野監督、念願の日本一おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です