古具屋に「こばた」の看板冬ぬくし

通い始めた小学校のそばのお店、軒先にこの看板がありました。吊るした看板の両面に大きくひらがなで書かれた「こばた」の文字、入学したての一年生にはかっこうの話題でした。だって横書きの時は左から読むと習ったばかり、「こばた」と読めるが意味がわからない、、、。新しい「たばこ」の看板に変わったのはずいぶん後のことでした、、、。掲句は岡山奉還町の路地を入ったところにある古具屋で見かけた看板です、、、。(2012年冬詠)

「古具屋に「こばた」の看板冬ぬくし」への2件のフィードバック

  1. 我が家が煙草屋を営んでいた頃、春になると新一年生なのか『こばた』と読みながら帰る子供の声を聞いたものです。
    懐かしい事を思い出させてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です