見下ろして一村一寺銀杏散る

川向こうのなだらかな山すそに畑が広がっている。収穫が終った畑に人影は無く、柔らかな午後の日差が降り注いでいる。道はまばらに点在する人家を縫うようにして山へと続いている。その人家が途切れた山の中腹あたりに、一目でそれと分かる寺の大屋根が見える。大屋根の傍には、お決まりのように大きな銀杏の木が、色づいて黄金色に輝いて見える、、、。県北を走っていて見かけた村の風景、、、。(2010年秋詠)

「見下ろして一村一寺銀杏散る」への1件のフィードバック

  1. 大銀杏の鮮やかな黄色は存在感抜群ですね。
    一度だけ登った高尾山の登山道途中に一本の大きな黄色の塊が有りました。
    有名な大銀杏のようで何か名前が付いていたと思いますが思い出せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です