しつかりと胸に赤んぼ柳の芽

人波をさっそうとすり抜けて行く子守帯(と言うのかな?)で胸に赤ん坊を抱いた若いお母さん、イトーヨーカドー岡山店の外、西川から流れてきた小川にかかる橋の上で見かけた景です。赤ん坊とお母さんの一体感がなんともかっこよかった、早春の一こまでした、、、。(2013年春詠)

「しつかりと胸に赤んぼ柳の芽」への2件のフィードバック

  1. 最近のお母さんたちは「抱っこひも」と言っている様です。
    自分達が子供の頃は背中におんぶが当たり前だったのがいつの間にか前で抱っこですね。
    井原市には中国地方の子守歌にちなんだ子守姿の像が有りますが、当然背中におんぶしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です